​CONCEPT BASE

■ 理に適う
  全てにおいて理に適った姿が有る筈で、絶えず思考する。

■「 解らない」で良い
 「解らない」は新たな発見に向かい、正しい認識の始まりである。

■ 思い込み
  ヒトはモノを自らの観念で認識しようとする。
 「認識したモノ」があたかも「モノそれ自体」かのように思い込む。

■ 検証する
  考察とは自己の認識の合理性を検証するためであり。
  議論とはお互いが自己の認識を検証するために行なう。

■ 現代美術
 「作品に触れる」とは自己の観念に向き合うことである。
  現代美術の社会性とは「主観」を捨てて白紙になることにある。

  2020/11 Tanifuji Shigemi

Copyright (C) okuise.com

​tanifuji@okuise.com     090-4269-7769